テーマ:富士スピードウェイ

30年ぶりの日本GPは、1976年と同じ土砂降り!

富士スピードウェイにF1が帰ってきた今年。レースの天候は31年前と同じ土砂降りの雨、やはり今の時期、富士は雨が多いですね。 レースも当時はセーフティカーはなかったですが、トップはアンドレッティがほぼ独走状態で今年のハミルトンと似ていました。そして表彰台を巡る争いもよく似ていて、ハントのマクラーレンがタイア交換でピットインしてから猛追し…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

'69 日本GP

TNT(トヨタ、ニッサン、タキレーシング)が激突した最後の日本GPとして有名です。当時まだ高校生だったので、サーキットへは保護者同伴ということで、従兄弟と一緒にいきました。なんかこの本を見ていると当時の思い出が懐かしくよみがえります。 この年は、ニッサンR382とトヨタ7が5リッターのエンジンを搭載して、ガチンコ勝負ということで前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

R383が走った!

昨日の富士スピードウェイで行われた“ニスモフェスティバル”で何と、幻のNissan-R383がサーキットを走ったそうです。ドライバーは長谷見昌弘、1970年の日本GP用のマシンとして開発され、長谷見選手はこのマシンを駆るために、タキレーシングからニッサンワークスのカムバックしたそうです。当時はそんな裏話は知りませんでしたので、何故古巣に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

’90 インターF3リーグ

雑誌は随分前に発売されていましたが、購入が遅れてしまい、今頃記事にしています。この年のF3レースには後年のF1でライバル関係となる、ミカとミハエルが参戦していました。このレースの前はあのマカオGP。2ヒート制で行われ、最終ラップにミカがミハエルに追突して、優勝を逃したレースです。 そしてその約1ヵ月後に、富士スピードウェイでこのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1971 富士マスターズ250Km 1971.10.10.

日本の名レース100選の14号は、風戸裕が優勝した、富士マスターズ250Kmレースです。このレースは土砂降りの雨の中、アダモウィッツのマクラーレンM12を、生沢のポルシェ917Kと風戸の908Mk2が追いかける展開で、トラブルで遅れたアダモウィッツを逆転して、風戸裕がGC初優勝しました。 本を読んでいて、風戸裕という一人の青年につ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more