千葉県袖ヶ浦市に全長2.4kmの新サーキット誕生

株式会社「遊ふぎ利」というところが、千葉県袖ヶ浦市に建設中の新サーキットに関する説明会を行なったそうです。ロケーションは圏央道木更津東インターから10分ほどで、都心からのアクセスは抜群、2009年からの営業開始を目指しているということですから、楽しみですね。レイアウトを見るとテクニカルなセクションが多いコースのようで、古い方であると船橋サーキットを思い出すかもしれません。
画像
画像

オーナーは中村正三郎氏で、古いファンであればロータスエランなどに乗り、レースで活躍されたことを覚えておられると思います。
「アマチュアではありますが、昔からレースに携わってきました。しかし、誰でも気軽に楽しめるようなコースは首都圏から近いところではほとんどなく、クラブに所属していないとなかなかそういう機会もない。地元の人に愛され、誰でも気軽に楽しめるようなコースを作っていきたい」と中村氏のコメント、全日本格式のレース開催を目指すのではなく、クラブマンレースやスポーツ走行、ライセンス講習、メディア取材などでの使用を考えているとのことですが、ゆくゆくは全日本格式のレース開催もして欲しいものです。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=9 から

"千葉県袖ヶ浦市に全長2.4kmの新サーキット誕生" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント