見せ場なしのイギリスGP、琢磨14位完走

予選から今一つ調子の上がらなかったスーパーアグリ、決勝でもデビッドソンはリタイア、琢磨は14位完走という平凡な結果となってしまいました。実践投入したアンダーパネルが想定通りのダウンフォースを発生させなかったなどいろいろな原因があると思いますが、これらをしっかり立て直して次戦に備えてほしいですね。
画像

レースはライコネンの2連勝、フェラーリが速さを取り戻してマクラーレンを凌駕しそうな勢いを示しました。チャンピオン争いこれから面白くなりそうです。

写真は http://www.afpbb.com/ から

"見せ場なしのイギリスGP、琢磨14位完走" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント