Peter Collins

1950年代を代表する、イギリス人ドライバーです。もともと彼はモーターサイクルライダーとして有名だったそうです。しかしF1マシンでも十分な速さを示し、MossやFangioのライヴァルとして活躍します。
画像

同郷のMike Hawthornとは仲がよく、ドライビングも似ていたようです。ただムラッ気のあるドライバーでしたので、チームマネジャーで彼を評価していない人もいたようです。1958年に事故死してしまいますが、彼の死がHawthornを引退に導いたとも言われています。
画像


写真は http://f1-facts.com/ から

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月17日 17:18
懐かしいドライバーの紹介ありがとうございます。Peter Collinsに関してのエピソードはあまり多くは紹介されていませんが Mike Hawthorn との仲は有名でMon Ami Mateといわれていたそうですね。それにしてもこの時代以降の英国人ドライバーは本当に層が厚いです。
2007年02月17日 17:41
この時代といえば、先にFangio、Ascari、Hawthornなどを紹介すべきかと思ったのですが、何かCollinsってお茶目なような気がしたので紹介してみました。
まだまだつづけようと思いますので、あまり期待しないでお待ちください。

この記事へのトラックバック