Gilles Villeneuve

最近、息子がルマン24時間レースに挑戦するという話題がネット上で流れていますが、お父さんは伝説のドライバーとして有名ですし、いまだにファンが多数います。かく言う私もファンです。
画像

さてヴィルヌーヴですが、デビューはア977年のイギリスGPで、マクラーレンからデビューしています。トップページの社員はそのときのものです。その後すぐにE.Ferrariにスカウトされ、77年の終盤にフェラーリから出走、そして富士での事故を起こします。
78年は、ロイテマンのNo.2として頭角を現し、最終カナダGPで初優勝、順風漫歩なデビューイヤーを締めくくります。79年は3勝をあげランキング2位でしたが、チームオーダーに従っただけで、自由な競争ができていれば、シェクターではなくチャンイオンになっていたと思うのは私だけではないと思います。
画像

さて彼のベストレースは何かと考えたとき、1981年のスペインGPではないかと思います。スタートからトップに立ち、後続を抑えきったこのレースこそかれのベストレースではなかったかと思いますが、皆さんは同思われるでしょうか。

27 Gilles Villeneuve Ferrari 126CK 7     1:46'35.010 80 1'18.430 (6)
26 Jacques Laffite Ligier JS17 1          1:46'35.230 80 1'18.500 (9)
7 John Watson McLaren MP4 4       1:46'35.590 80 1'18.950 (48)
2 Carlos Reutemann Williams FW07C 3     1:46'36.020 80 1'18.470 (6)

1位から4位までが1秒差という、モンツァのイタリアGPなどではよくある結果ですが、ヘルスサーキットではこのようなことはありません。ハンドリング&シャーシーに難点があるといわれた126CKで後続を完封したそのテクニックに惚れ惚れします。

写真は http://www.ddavid.com/formula1/index1.htm から

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月03日 08:32
Gilles Villeneuveは私も好きなドライバーの一人です。アグレッシブですがフェアなドライバーでした。確かに81年のスペインGPは彼のベストレースだと思います。フジTVのレジェンドで放送が無かったのが残念でありません。私が記憶に残るレースは79年のDijionです。Arnouxとside by sideの熱戦を繰り広げています。でもきちんと相手ドライバーのスペースを残していました。
2007年02月03日 09:31
lotus49ford さん おはようございます。Gillesは言われるように、アブレッシブな走りをしていましたが、たいへんフェアなドライバーだったと思います。だから多数の人の記憶に今でも残っているのではないでしょうか。
79年のディジョンのレースも、すごいレースだったようですね、CGのレポート読んで感激していました。

この記事へのトラックバック

  • Gilles Villeneuve

    Excerpt: 1982年のゾルダーで開催されていたベルギーGPの最終予選セッション中に致命傷を負い、この世を去ってから25年が経過しました。この予選、同僚のD.ピローニ選手を上回る予選タイムをマークしようと雨のゾル.. Weblog: Motohiroの本音トーク racked: 2007-05-09 12:58
  • 駆け抜けた”天才” ジル・ビルヌーブ (その1)

    Excerpt: 伝説の名ドライバー列伝、今回は、ジル・ビルヌーブです。個人的に"ジャック・ビルヌーブを応援する!!!"というブログを続けているジャックファンの私にとって、ジルはあくまでジャックの父という存在なのですが.. Weblog: モーターレーシングものがたり racked: 2007-05-09 21:31