アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ドライバー列伝」のブログ記事

みんなの「ドライバー列伝」ブログ

タイトル 日 時
Wolfgang von Trips
Wolfgang von Trips 1950年代のはじめよりスポーツカーレースで活躍し始めたドイツ人。1956年にフェラーリよりF1デビューするが、大活躍というよりは中堅ドライバーとして位置づけられていた。 ブレイクするのは、1961年にオランダGPで初優勝しブレイク、イギリスGPでも勝利し、チャンピオンシップをリードする。この年はフェラーリがシーズンを圧巻しており、チャンピオン争いは同じチームのフィル・ヒルに絞られることとなった。 そして運命のイタリアGPをむかえる。生涯初となるポールポジションを獲得するがスタートに失敗し、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/12 12:11
Paul Frere
Paul Frere ル・アーヴル生まれのベルギー人の自動車ジャーナリストとして有名です。しかし元はバリバリのF1ドライバーで1952年から56年にで活躍していました。1956年のベルギーGPでは2位入賞しています。また1960年にはフェラーリ250テスタロッサでル・マン24時間レースも優勝しているレーシングドライバーとしても超一流の成績を残しています。 欧州を拠点に活動していますが、雑誌「カーグラフィック」初代編集長、小林彰太郎とは1960年代以来親交が深く、日本では同誌のコラム「FROM EUROPE」や各種テ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 12:15
Alberto Ascari
Alberto Ascari 1920年代の名ドライバーのアントニオ・アスカリを父に持つ、親子2代のドライバーです。1950年から世界選手権GPが始まるとフェラーリに所属し、51年ドイツGPで初優勝、52年には欠場したスイスGP、世界選手権とは名ばかりで実質F1とは関係のなかったインディ500を除く8戦で優勝、圧倒的な強さでチャンピオンを獲得しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 17:35
Lorenzo Bandini
Lorenzo Bandini 1960年代のイタリア人ドライバーです。フェラーリをドライブすることを夢見て、その夢を実現したドライバーとして記憶の中に残っています。GP優勝は1回のみですが、当時のフェラーリの実力、またNo.2ドライバーであったことを考えれば優秀な成績ではなかったかとも思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/29 21:56
Peter Collins
Peter Collins 1950年代を代表する、イギリス人ドライバーです。もともと彼はモーターサイクルライダーとして有名だったそうです。しかしF1マシンでも十分な速さを示し、MossやFangioのライヴァルとして活躍します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/12 16:47
Gilles Villeneuve
Gilles Villeneuve 最近、息子がルマン24時間レースに挑戦するという話題がネット上で流れていますが、お父さんは伝説のドライバーとして有名ですし、いまだにファンが多数います。かく言う私もファンです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/02/02 12:50
Staring Moss
Staring Moss 私よりちょっと古い世代の人にとっては、非常に有名なレーシングドライバーだと思います。私がF1を知ったのは1960年代中頃ですから、そのときにはもう引退して、伝説のドライバーとなっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/14 17:55
Chris Amon
Chris Amon F1レーシングドライバー、今回はぐっと現在に近づいてC.エイモンについてです。彼は、最初にファンになったF1ドライバーです。時代は1966年、この年にはF1はほとんど走っていなくて、スポーツカーレースやCAN−AMを中心に活躍していました。当時はヨーロッパでもグループ7(CAN−AMカー)のレースがあり、カーグラでよくレースリポートがあり、そのときに知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/27 22:04
Achille Varzi
Achille Varzi アレキ・バルツィというと、T.ヌボラーリの敵役というイメージしかわたしにはありませんでした。特に、ミレミリアのレースで、バルツィのテールランプを見ながらヘッドライトを消して追走して優勝していまったレースのことを読むと、ヌボラーリの引き立て役としてしかバルツィを見ていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/04 11:55
Louis Chiron
Louis Chiron 私が、ルイ・シロンという名前を知ったのは、モナコGPのチェッカーフラッグをふっている、背筋がピンとした姿勢のおじさん、というイメージでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/10 20:13
Tazio Nuvolari
Tazio Nuvolari 私が初めてこの名前を目にしたのは、1967年です。カーグラでモンツァ1000Kmレースの記事があり、その中でポルシェ910の写真がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/27 20:28
Rudolf Caraciola
Rudolf Caraciola 最初にこの名前を見たのでは、カーグラフィックでした。確か何かの連載(自動車に纏わる人だと思いました)でした。第2次大戦前にすごいドライバーがいるんだと思い、その記事の中にでてくるドライバーのことも知りたくて戦前のレーシングドライバーまで知ってしまうことになりました。そのきっかけを作ってくれたドライバーなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/16 17:30
Bernd Rosemeyer
Bernd Rosemeyer このレーシングドライバーが、単に車を速く走らせたら一番ではないかと私が思うドライバーです。時代は先日のシーマンと同世代の第2次大戦前夜に活躍した伝説のドライバーです。 再び、ノイバウァ監督が登場ですが、彼が車を走らせていたら泥道で四苦八苦しているBMWのバイクに乗った少年に出会ったそうです。その少年から手をつかまらせてくださいとお願いされ、手をかすといともあざやかに泥道から脱出したそうです。そうその少年がローゼマイアだったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/08 22:54
Rechard Seaman
Rechard Seaman この名前を知っている方は、かなりのマニアだと思います。1930年代の後半にメルセデスベンツのフォーミュラカーに乗り、トップドライバーとしての地位へ上り詰めました。ということで、ちょっと古いレーシングドライバーについて時々語っていこうと思います。 まずは、Rechard(Dick) Seaman(リチャード・シーマン)からです。1936年はメルセデスベンツが不調のシーズンでした。年末に新しいドライバー発掘を目的のテストを実施、そこでノイバウァ監督のおめがねにかなったのがシーマンでした。彼は名前か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/01 20:56

トップへ | みんなの「ドライバー列伝」ブログ

Racing Nostalgie ドライバー列伝のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる