Racing Nostalgie

アクセスカウンタ

zoom RSS Staring Moss

<<   作成日時 : 2007/01/14 17:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

私よりちょっと古い世代の人にとっては、非常に有名なレーシングドライバーだと思います。私がF1を知ったのは1960年代中頃ですから、そのときにはもう引退して、伝説のドライバーとなっていました。
画像

Mossの同世代(というよりライバル)は、Fangioではなかったかと思います。F1の世界では後塵をあびていましたが、スポーツカーの世界ではMossの実績が上回っていたと思います。Mossはオールラウンドドライバーだったのですね。
画像

ミレミリア(上の写真)では、イタリア人以外で2人目の優勝をしていますし、1961年のF1では、非力なロータス(そしてプライベター)でモナコとドイツの2つのGPを勝っています。記録も素晴らしいものを残していますが、記憶に残るレースを演出したドライバーだったと感じています。



写真は http://www.ddavid.com/formula1/ から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1961 Monaco GP
このレース、実際にみてはいないのですが、S.Mossのベストレースではなかったのかと思います。この年は、F1のレギュレーションがかわり排気量が1,500ccまでに縮小された年でした。下馬評ではフェラーリが圧倒的に有利といわれ、事実、F.Hillがチャンピオンになっています。 このモナコGPにも、3台のマシンを持ち込み必勝体制で臨んでいます。対するS.Mossは、ロブ・ウォーカーチームのロータス(http://f1-facts.com/ではクーパーとなっていますが、CGではロータスとなって... ...続きを見る
Motor Sportが一番
2007/01/14 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Stirling Mossは若くしてトップドライバーになりましたがFangioの様に強いチームを選ばなかったのでついにタイトルを取れませんでしたね。でも英国のマシンの発展に多くの貢献をしました。1968年の日本CanAmにもやって来ました。
lotus49ford
2007/01/14 22:34
lotus49ford さん おはようございます。いつもコメントありがとうございます。髪の毛が薄いので、けっこうな歳かと思っていたら、Clarkとそれほど変わらないのでびくりしました。日本Can-Amにも来ていたのですか。親日家だとは聞いていましたが。
motohiro
2007/01/15 07:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
Staring Moss Racing Nostalgie/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる