Racing Nostalgie

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨降って、スーパーアグリは....

<<   作成日時 : 2006/10/06 17:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

日本GPフリー走行は、午前中は雨、午後は曇りの中行われました。結果は、フィジケラ(1分34秒337)がトップ、以下0.071秒遅れでフェリペ・マッサ、3番手にはシューマッハー、4番手にはフェルナンド・アロンソがつけトップ4をルノーとフェラーリが独占しました。

画像


18周を走り込んだスーパーアグリの佐藤琢磨は1分38秒533で26番手、山本左近は1分38秒955で28番手と沈んでしまいました。フランク・モンタニーもトップから3.017秒遅れの19番手でセッションを終え、イタリアGPからの金曜日トップ10入りはならない残念な結果です。
しかし、ものは考えようで、明日以降に余力を残していた(希望的です)と考えれば、明日の予選が楽しみになってきます。亜久里代表も、鈴鹿のために1年戦ってきたと言っていますから、明日からに期待しましょう(何回も同じセリフで〆ています)。


佐藤 琢磨
基本的に変化する天候の中でウェットとドライでの走行を完了したけど、異なるセットアップを評価することはとても難しく、バック トゥ バックでのタイヤテストはできなかった。でも、たくさんの有益なデータを集めることはできたよ。クルマは上手く機能していて今日は何の問題もなかったから素晴らしいスタートとなったし、初日からボクらのファンによる信じられないサポートを見ることができたのは素晴らしいね。

山本 左近
まず、鈴鹿サーキットでドライブすることができてとても嬉しいし、今朝サーキットへと出ていったときは本当にファンタスティックな気分だった。ここが本当にボクのホームトラックなんだって感じた。今朝のセッションでは雨が降っていて、午後はサーキットコンディションがかなり変化したから、クルマの状況を理解して準備をするには少し難しかった。出るたびにトラックコンディションは異なっていたけど、最後の走行ではドライタイヤを使うことができて、ドライタイヤでのトラックとクルマのフィーリングを得ることができた。明日はドライの1日になると聞いているから、ボクらが収集した情報は有益なデータになるだろう。最後の最速になるはずだったラップは妥協させられたから、まだラップタイムを改善することはできる。明日の朝は1秒か2秒は改善できるよう願っているけど、今日もかなり良いフィーリングだったよ。

鈴木 亜久里チーム代表
今日は鈴鹿においてとても難しいコンディションになったが、土曜日と日曜日は良い天気になると確信している。午前中は雨だったが、コンディションは午後になると改善され、トラックはどんどん乾いていった。しかし、これらすべての変化によって良いクルマのセットアップを見つけることがとても難しくなった。今日はフランクが良い仕事をしてくれて、どちらのタイヤが我々にとって良いのか理解してくれた。彼は多くの情報を提供してくれたから、明日良いセットアップを見つけることにトライする際、それが素晴らしく有益になるだろう。タクと左近も良い仕事をしたと思うから、日本GPウィークエンドの残りを楽しみにしている。

写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィジケラがトップ、フェラーリが追走/日本GP:フリー走行
雨模様で開幕した2006年F1世界選手権第17戦日本GP。ジャパンモータースポーツの聖地、鈴鹿サーキットには、すでに例年の初日を上回る数のファンが詰めかけ、熱気に包まれている。そんなファンの思いが届いたのか、午後になると雨は上がり、フリー走行2回目は曇り空の下で行われた。 多くのマシンがドライタイヤに履き替えたセッション終盤、午前中はまったく走らなかったミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が、ようやくアタックを開始。いきなり1分37秒744を叩き出して、トップタイムを大幅に更新した。さら... ...続きを見る
Motor Sportが一番
2006/10/06 17:17
2006F1 Rd.17 日本GP 金曜フリー走行2結果
日本GP金曜フリー走行2回目は気温は24℃、路面温度22℃、湿度74%、雨はあがっているものの、午前中の雨によってウェットコンディションで行われ、ジャンカルロ・フィジケラが1分34秒337をマークして初日のトップタイム ...続きを見る
にこらすの徒然なるままに・・・part2
2006/10/06 17:45
日本GP金曜フリー走行2回目はフィジケラ!
F1日本GP金曜フリー走行2回目が終了しました。 トップタイムがフィジケラ、続いて2番がマッサ、 3番がミハエル、4番アロンソ、5番デビットソン、6番ベッテル、7番バトン、8番デ・ラ・ロサ、となりました。 ...続きを見る
ある関西人の主張。
2006/10/06 17:54
鈴鹿初日。日本接近中の台風を象徴するかの様にフェラーリ、ルノー共に好調な滑り出し!
世界中が大注目のF1日本GPがいよいよ幕を開けました。フェラーリのシューマッハ対ルノーのアロンソのチャンピオン争いが佳境を迎え、シューマッハ引退による鈴鹿ラスト・ランが重なり、例年以上に世界中から多くのファンが鈴鹿サーキットに詰めかけています。過去にない程の盛り上がりを見せる中、初日のプログラムであるフリー走行が午前・午後に行われ、早くも決勝レースの壮絶バトルを予感させる興味深い結果が出ています。 ...続きを見る
お気楽ブログ F1・Moto GP
2006/10/06 18:41
F1世界選手権 第17戦日本GP フリー走行2
今日のうちにドライになりつつあってよかった。 ...続きを見る
F1とテレビとケータイと。
2006/10/06 18:48
F1第17戦日本GP金曜フリー走行2回目結果
FIA Formula 1 World Championship Japanese GP フリー走行2 ...続きを見る
Blog Epsilon
2006/10/06 18:50
日本GPフリー走行は、ルノーとフェラーリの一騎打ち
午後は雨もやみ、徐々に路面が乾き始める中でセッションがスタート、シューマッハが暫定トップタイムをマークし、フェラーリ優勢で推移したようです。セッション終盤には、全車ドライタイアでのアタックとなり、ルノーのジャンカルロ・フィジケラが1分34秒337をマークして初日トップとなりました。2番手はフェリペ・マッサ(フェラーリ)、3番手にはミハエル・シューマッハー(フェラーリ)がつけ、フェルナンド・アロンソ(ルノー)は4番手で金曜日のフリー走行は終了しました。 ...続きを見る
Motohiroの本音トーク
2006/10/06 20:15
日本GP金曜日フリー走行2回目
日本GP金曜日フリー走行2回目の結果は、1位ジャンカルロ フィジケラ、2位フェリペ マッサ、3位ミハエル シューマッハ、4位フェルナンド アロンソ、5位アンソニー デビッドソン、6位セバスチャン ヴェッテル、7位ジェンソン バトン、8位ペドロ デ ラ ロサ、9位ヤルノ トゥルーリ、10位キミ ライコネン、11位ラルフ シューマッハとなっている。ホンダのルーベンス バリチェロは13位、 スーパー アグリのフランク モンタニーは19位、佐藤 琢磨は26位、山本 左近は28位となっている。 2006... ...続きを見る
おじさんの好き勝手
2006/10/06 21:02
BMW ザウバー:金曜フリー走行
ベッテル、鈴鹿で6番手 日本GP初日、ウエットコンディションで始まったフリー走行 ...続きを見る
M小林の日々思うこと
2006/10/07 09:34
シューマッハか、アロンソか、あなたはどっち?
いつもブログの応援ありがとうございます。 引続きクリックで応援いただけると幸いです→モータースポーツランキング ...続きを見る
Kei's Room
2006/10/10 03:48
【F1】 日本GP観戦記 10/6金曜日
●10月6日 金曜日 ...続きを見る
すずか ねっと
2006/10/13 11:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨降って、スーパーアグリは.... Racing Nostalgie/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる