Racing Nostalgie

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンダRA106初優勝

<<   作成日時 : 2006/08/11 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

やっとホンダ第3期での初優勝。純正ホンダとしては39年ぶりとなる記念すべきハンガリーGPでした。レースはウェットでスタートし、ライコネンがポールからトップを快走、びっくりしたのはアロンソとシューマッハのスタートダッシュからの猛追、特にアロンソはシューマッハも真っ青の素晴らしい走りで、ライコネンのピットストップ時にトップに立つと独走状態、優勝は決まりかと思ったのですが、なんとバトンが2位まであがっているではないですか。
画像

そしてアロンソとのギャップを縮めている、これはホンダの初優勝かと一人喜んでいると、バトンがピットイン、ガスチャージしてピットアウトしました。アロンソも最後のピットイン、ドライタイヤにかえてスタートするも、あっという間にコースアウト、何でもナットトラブルとか。
こうしてホンダの39年ぶりの優勝が決まりました。

写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久しぶりのバトルありのスリリングなF1でした(クビサ失格のオマケまでつきました)
ハンガリーGPは、ウェットコンディションでのスタートからはじまり、久しぶりにバトルあり、ピット戦略ありのおもしろいレースでした。スタートは波乱なくライコネンをトップに1コーナーへ、後方で一台グリーンで止まっている車があり、よく見ると左近のSA06が止まっているではないですか、左近選手2戦連続であっという間のリタイア、トルコGPは頑張りなさい。  さてスタートでダッシュを決めたのが、シューマッハとアロンソの2台、あっという間にポイント圏内に進出、特にアロンソは並の速さではなく、シューマッハもアウ... ...続きを見る
Motohiroの本音トーク
2006/08/11 21:24
Honda F1
 ハンガリーGPは久しぶりによいレースでしたね。バトンの初優勝,39年ぶりのオールホンダの優勝ということを抜きにしてもよいレースでした。ドイツGP,ハンガリーGPを観客席に空席が目立ってF1人気を心配していましたが,こういうレースをしていればF1レースの人気もあがるのではないかと思います。海外のフォーラムでの評価も非常に高いです。  1967年の優勝の後にホンダは一般新聞に全面広告を出しましたが今回はどうでしょうか?載るとしたら明日頃でしょうか? ...続きを見る
Racing Retro
2006/08/12 16:04
buy levitra online
たまに来ますのでよろしくお願いします。 ...続きを見る
buy levitra online
2006/09/13 03:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
Racing Retroさん、TBありがとうございます。本音トークともどもよろしくお願いします。こちらは古いモータースポーツ関連とスーパーアグリ中心でいこうと思っています。
motohiro
2006/08/13 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホンダRA106初優勝 Racing Nostalgie/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる